最新のニュース・トピックスを掲載各種セミナー・講習会等を紹介活動内容等を紹介会員名簿を掲載地震災害等に、イザという時に役立ちます東海地方本部の役員、所在地の紹介

 

東海地方本部60年のあゆみ

戻る

東海電話設備保守センターの経緯等

はじめに

 全国電話設備協会が重要施策として企業近代化への諸問題に取り組んできましたが、東海支部におきましては、全国にさきがけて保守サービス低下のおそれある遠隔地に保守サービスセンターを開設し、保守業務の集約合理化を図ることを目的として、東海電話設備保守会社(昭和47年4月1日)を創立いたしました。

 したがいまして、当社は全国電話設備協会東海支部を背景とし、単に一営利会社の運営に止まるものでなく、電気通信事業の一翼をになうという公共性と、この業界に託された使命、責任感により、従来協会会員会社が個々に行っていた保守義務を集約代行し、故障の早期修復と、より一段きめの細かい保守サービスを提供することにより、電電公社の期待に応えつつ通信設備保守の完璧を期せんとするものであります。

 保守業務はこれら時代の方向に対応していかなければなりませんが、当保守会社運営が、それ等の面でも先導役割を果たしてゆくべきだと思っています。

   また、事業方針として当会社は本社を社団法人全国電話設備協会東海支部内に置き、東濃地区及び伊勢 志摩地区並びに知多地区に保守サービスセンターを開設し、 これを管理運営する。地区保守サービスセンターは地区内における設備協会会員各社の自営P B X並びに釦電話装置、宅内附属機器およびその他の電気通信機器等の保守業務を受託代行する。
 なお、営業種目としては、自営PBX、並びに釦電話装置、宅内附属機器およびその他の電気通信機器等の保守業務、 自動火災報知機、非常通報装置の保守点検また、このような機器の移転、 増設等軽易な工事を実施しています。

  この様な中、東海電話設備保守株式会社の閉鎖が下記のように実施されました。
 当情報通信設備協会の前身である全国電話設備協会東海支部が昭和47年に設立した、 東海 電話設備保守株式会社は初期の目的をはたし平成13年3月31日をもって解散することになりました。最後の臨時株主総会が平成13年7月19日開催されました。

 以上

.保守サービスセンター

  ● 東濃地区保守サービスセンター(土岐市泉町久尻寺下 〒509)
    所長  新 井 充   電話(05725)5-5822

(東濃地区保守センター)
  ●伊勢地区保守サービスセンター(伊勢市岩淵2-8-4 〒516)              
    所長  新 井 英 郎  電話(0596)25-7946

(伊勢地区保守センター)
  ●知多地区保守サービスセンター(半田市宮本町3-51-2 〒475)           
    所長  山 本 誠 次 電話(0596)25-7946

(知多地区保守センター)

戻る

 一般社団法人情報通信設備協会 東海地方本部
 〒460-0016 名古屋市中区橘1丁目7番33号(センタービル1F)
 TEL(052)253-7868 FAX(052)253-7869
  toukai@itca.or.jp
   会員情報の変更連絡 入会の案内  サイトマップ  HOME